[Sierra対応] FLACの音楽ファイルをiTunesに取り込むには

可逆圧縮コーデックのFLACで圧縮された音楽ファイルをiTunesに取り込みたいというのあったのでやってみました。

iTunes自体はFLACには対応していませんが、FLACは可逆圧縮なので、いったん非圧縮に戻すことによりiTunesに取り込むことができます。

1. FLAC2iTunesの準備

FLAC2iTunesを使うと、FLACファイルを変換してiTunesに追加するところまで自動でやってくれます。曲名やアーティスト名がついている場合は、そのままiTunesに引き継がれます。

ダウンロードページへ行って、最新版をダウンロードしましょう。
執筆時点では、0.1.9が最新のようです。

ダウンロードしたファイルを展開します。

次に、Finderを開き、「アプリケーション」ディレクトリを開きます。

解凍してできた「FLAC2iTunes」を、アプリケーションディレクトリに入れます。FLAC2iTunesを右クリックし、Commandキーを押しながら「開く」をクリックします。「開発元は未確認です」という表示が出ます。「開く」をクリックします。

アップデートを自動チェックするか訊かれますので、「Check Automatically」をクリックします。

アップデートがある旨が表示された場合は、Install Updateをクリックします。

以上でFLAC2iTunesの準備は完了です。

2. iTunesの準備

iTunesを開き、メニューから iTunes→環境設定… を開きます。

「一般」タブの「CD読み込み設定」をクリックします。

FLACから何に変換したいか設定します。せっかくの可逆圧縮音源なので、ここではApple Losslessを選択しました。

この設定では、FLAC音源はApple Losslessに変換されてiTunesに登録されます。

OKをクリックし、設定も閉じましょう。これでiTunesの準備も完了です。

3. 変換する

FLAC2iTunesを起動します。

変換したいFLACファイルをドラグ&ドロップし、Convertボタンを押します。自動的にiTunesが開き、変換が始まります。StatusがDoneになったら変換完了です。

iTunesを開くと、曲が追加されていることが確認できます。必要に応じて曲名を設定しましょう。

最初の設定が少しややこしいですが、1, 2は一度設定してしまえば終わりなので、ハイレゾ等でFLACを利用する方は是非設定してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です